Fotolia_96958141_Subscription_Monthly_M

荷は軽量を下、重量を上 ~楽しみは備えから(23)~ 


リュックサックを試す際には、中に重くかさばる物を入れること。

これを背負ってベルトを調節して、リュックサックの体側の底辺が腰のくびれに押し付けられ、両肩にはリュックサックがぴったり張り付くようになるのが良い。

最近の製品にはウエストベルトやチェストベルトが装着されているものが多いので、これも調節しておくこと。

荷物の入れ方の原則は、軽いものを下に重いものを上にする。

その中で必要頻度に応じて、リュックサックの中に配置する。

よくどこに何を入れたか分からなくなる人がいるので、しっかり確認すること。

靴(軽登山靴)、レインウエア(雨具)、リュックサックの選択をより良くすることが、登山を快適で楽しいものにしてくれる。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP