ヘッドランプを持参しよう ~楽しみは備えから(27)~


小物類で重要なものは、ヘッドランプだ。

暗闇の中、両手を自由に使えるのは利点だ。

日帰りの山でも油断しないで持参しよう。

道に迷い、日が暮れて身動きできなくなったら、防寒用下着にシャツとズボン、その上にフリースのジャケットを着込み、外側にレインウエア上下を着ていれば、冬場以外の春から秋の低山では野宿が十分できる。

登山教室などでは、現在地を把握するため、地図と磁石(コンパス)を強調している。

もちろん、読図(地図を読むこと)に精通すること、コンパスの使用法に習熟することが望ましいのだが、当面はコンパスでどちらが北かが分かればよい。

地図の上が「北」であることから、大ざっぱに位置関係を想像できるようにしよう。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP