915c688b4dec02301eadf0efe9806090_m

水分補給は欠かせない ~楽しみは備えから(28)~


山では水分補給が欠かせない。

最近ではリュックサック内部に入れたウオータータンクにチューブをつなぎ、吸い口を外に出して飲むタイプもポピュラーになってきた。

行程3~4時間の低山では1リットルくらいの水やお茶を用意しよう。

容器は一般的な水筒やペットボトルでOK。

ただ、コースの途中で水を補給できるか否かで、持参する量も変わってくる。

食事は、歩きながらでも摂取でき、かつ、食べやすいものを用意し、マメに取るのが理想。

子どもは特に山できらいなものは食べないので、一工夫ほしい(お菓子類でよい)。

昼のお弁当タイムは山の楽しみだが、あまりのんびりすると天候悪化や体力消耗に対応する時間がなくなり、下山が遅れたり危険を招いたりしかねない。

山では常に先を考えて行動したい。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP