a40edb6ba0c72ba65eb9a38eb8e630c1_l

観天望気を心がけよう ~楽しみは備えから(44)~


外に出たり、山に行ったりしたら、まず、空を見上げてぐるりと見渡そう。
晴れている、曇っている、雨が降っている、などは一目瞭然だ。
しかし、雲の種類、姿と呼び名まで覚えるのには、少々時間がかかりそうだ。
空に浮かぶ雲、山間から湧き上がる雲、地上を覆う霧などから、その地域や山の天気を見通すことを、観天望気という。
雲が第一の判定基準ではあるが、星の瞬き、おぼろ月夜、朝焼け夕焼けから歯痛まで、気圧や水蒸気に関わって、天気を予想できる要素はたくさんある。
ネコが顔を洗うと雨、なんていうことわざも面白い。
天気図からの予報と、観天望気の予想を、いつも意識することが大事だ。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 29年度公開講座お知らせバナー
    公益社団法人日本山岳ガイド協会では、一般登山者や自然愛好者の安全登山に対する知識と技術向上のため、「…
  2. 伊豆ケ岳山頂
    近郊の山で行う地図読み山行です。地図読み山行で使う技術がたくさん詰め込まれたコース設定にしま…
  3. 高取山山中にある猿石
    ◇高取山(たかとりやま)(奈良・高取町=584メートル)◎歴史とロマンを味わう  日本三大山…
PAGE TOP