603b85767652307127adc0a5dd8650bc_m

観天望気が手掛かり ~ 楽しみは備えから(45)~


天気予報を見る習慣ができたら、予報通りに天気が変化するかを、いつも確かめよう。

気象庁がハイテク技術等を駆使した翌日の予報確率は80%以上(東京地方)なので、以前に比べると非常に精度が高い。

日本全体や大きな地域での気象予報は、これで十分である。

しかし、山では二つの観点から、これだけでは不十分だ。

一つは局地に関わる気象変化の時間のズレである。

風雨や寒気は、山や谷に滞留し、晴れるまで時間がかかることだ。

もう一つは、局地的にその地域や山だけに起こる気象現象で、上昇気流に伴う風、雷雲と落雷、雨雲に伴う集中豪雨や急な増水、温度差に伴う濃霧などがそれだ。

だからこそ、観天望気が大事な手掛かりになるのだ。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 29年度公開講座お知らせバナー
    公益社団法人日本山岳ガイド協会では、一般登山者や自然愛好者の安全登山に対する知識と技術向上のため、「…
  2. 伊豆ケ岳山頂
    近郊の山で行う地図読み山行です。地図読み山行で使う技術がたくさん詰め込まれたコース設定にしま…
  3. 高取山山中にある猿石
    ◇高取山(たかとりやま)(奈良・高取町=584メートル)◎歴史とロマンを味わう  日本三大山…
PAGE TOP