頂上直下の登り。後方は山口市方面

「ふるさとの山々 高きが故に貴からず」(44)山口【共同通信社提供】


東鳳翩山(ひがしほうべんさん)(山口・山口市、萩市=734メートル)

◎市民が愛する山口の峻峰  中国の山々、歴史の街道

山口市の北にそびえる峻峰。

三角すい状にとがった頂上からの眺めは素晴らしく、山口市民や多くの人に愛されている。

主稜線(りょうせん)はかつての周防と長門の国境であり、分水嶺(ぶんすいれい)となっている。

山頂の東の板堂峠(いたどうとうげ)は長州藩の参勤交代道、萩往還(はぎおうかん)が通り、今も登山道として使われている。

萩往還の石畳

今回は最も登られている二ツ堂コースから入り、板堂峠へ縦走して萩往還を下るコースを紹介する。

山口・東鳳翩山 二ツ堂コース

 

アプローチは、マイカーかタクシーで。

山口市から県道を北上、一の坂ダムを通り、錦鶏湖の先の天花畑(てんげばた)を左折した一の坂ダム運動公園が起点。

駐車場とトイレがある。車はここに置き、歩き始める。

車道を1キロ西に進むとやがて急勾配となり東鳳翩山登山口(二ツ堂コース)の看板がある。

登山道に入り、ジグザグに登る。

マツ、ヒノキ、スギなどの樹林の中をひたすら歩く。

標高差300メートルほど登ると、錦鶏ノ滝からのコースと合流。

植林帯の中をしばらく登れば、中国自然歩道のある主稜線の鞍部に到着する。

頂上へは西に向かう。

頂上直下の登り。後方は山口市方面

ここからは低木とススキの草原となる。

眺望が開け、左に山口市、右にダツヤ山などが見え始める。

鞍部から約15分で頂上だ。360度遮るもののない展望が楽しめる。

頂上直下からショウゲン山方面を見る

ベンチも複数あり、眺めながら昼食をとるにはもってこいだ。

北にダツヤ山や男岳、遠く東に十種ケ峰(とくさがみね)や青野山、すぐ西には西鳳翩山、南は遠く瀬戸内海が見渡せる。
下山は主稜線を東に戻る。

小ピークを五つ越えるとショウゲン山分岐に着く。

ベンチがあり南の眺めが良い。ここから東の板堂峠に下りる。

板堂峠は萩往還の峠である。石畳の道を右に下りると車道に出て、横切って古道に入る。

キンチヂミの清水、御駕籠建場、一貫石、一里塚跡などの史跡を見ながら下ると一の坂御建場跡(六軒茶屋跡)だ。

一の坂御建場跡の紅葉

 

車道をもう一度横切り「四十二の曲がり」を下ると錦鶏ノ滝入り口、500メートルで出発点の一の坂ダム運動公園に戻る。

一年中楽しめ、登山者が途切れることがないが、特に秋にはショウゲン山への尾根の紅葉が美しい。(関西山岳ガイド協会 松島宏)

 

【ガイドの目】

◎歴史探訪が楽しめる

歴史探訪が楽しめる。山口市には曹洞宗の瑠璃光寺(るりこうじ)があり、室町時代に建立された五重塔は国宝だ。

日本三名塔の一つにも数えられている。

萩往還は日本海側の萩と瀬戸内の三田尻を結ぶ全長53キロの街道。

江戸時代、山陰と山陽を結ぶ「陰陽連絡道」として利用されてきた。急坂には石畳が敷かれ、土砂の流出を防いできた。

こけむした石畳はぬれると滑りやすい。雨天時には注意が必要で、ストックを使い安全に下ろう。

下山後は100円で利用できる宮野温泉山口ふれあい館がお勧め。

▽参考タイム
一の坂ダム運動公園(10分)東鳳翩山登山口(1時間)東鳳翩山(50分)板堂峠(1時間)一の坂ダム運動公園

提供:共同通信社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 29年度公開講座お知らせバナー
    公益社団法人日本山岳ガイド協会では、一般登山者や自然愛好者の安全登山に対する知識と技術向上のため、「…
  2. 伊豆ケ岳山頂
    近郊の山で行う地図読み山行です。地図読み山行で使う技術がたくさん詰め込まれたコース設定にしま…
  3. 高取山山中にある猿石
    ◇高取山(たかとりやま)(奈良・高取町=584メートル)◎歴史とロマンを味わう  日本三大山…
PAGE TOP