96413ba3db2fc215da45c4109ce9f042_m

悪天候に学ぶ ~ 楽しみは備えから(46)~


専門に登山をする人であれば、天気が悪い時でも、その人の能力の範囲で行動することが多い。

私が担当していた登山教室も同様、やりが降らない限り中止はないとしていた。

雨、風、雪、等々の悪天候を経験することは、人間の対応能力と判断力を培う上で、とても大切だ。子どもの時から、

自然に親しみ、寒い、冷たい、暑いなど、肌で感じることが、危ない状況を感知するセンサーの役割を果たす。

親子で近くの低山に行く場合、少々天気が悪くとも、子どもたちに安全な範囲で経験を積ませることを勧めたい。

リュックサックから衣類を出し入れし、着たり脱いだり、感じる温度に対処することを、口酸っぱく伝えて習慣づけよう。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 29年度公開講座お知らせバナー
    公益社団法人日本山岳ガイド協会では、一般登山者や自然愛好者の安全登山に対する知識と技術向上のため、「…
  2. 伊豆ケ岳山頂
    近郊の山で行う地図読み山行です。地図読み山行で使う技術がたくさん詰め込まれたコース設定にしま…
  3. 高取山山中にある猿石
    ◇高取山(たかとりやま)(奈良・高取町=584メートル)◎歴史とロマンを味わう  日本三大山…
PAGE TOP