96413ba3db2fc215da45c4109ce9f042_m

悪天候に学ぶ ~ 楽しみは備えから(46)~


専門に登山をする人であれば、天気が悪い時でも、その人の能力の範囲で行動することが多い。

私が担当していた登山教室も同様、やりが降らない限り中止はないとしていた。

雨、風、雪、等々の悪天候を経験することは、人間の対応能力と判断力を培う上で、とても大切だ。子どもの時から、

自然に親しみ、寒い、冷たい、暑いなど、肌で感じることが、危ない状況を感知するセンサーの役割を果たす。

親子で近くの低山に行く場合、少々天気が悪くとも、子どもたちに安全な範囲で経験を積ませることを勧めたい。

リュックサックから衣類を出し入れし、着たり脱いだり、感じる温度に対処することを、口酸っぱく伝えて習慣づけよう。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    講師・公益社団法人日本山岳ガイド協会認定 国際山岳ガイド 角谷道弘氏「世界の山から見た安全登山と…
  2. スクリーンショット 2017-05-11 15.23.42
    ◇みなさん、こんにちは。長野県庁2階にある、長野県山岳遭難防止対策協会事務局より、長野県内で…
  3. カード用写真
    加藤則芳メモリアル 信越トレイル開き 今年は6/24(土)25(日)開催予定信越トレイルクラ…
PAGE TOP