bff03d54f13e7ca66021f472f385e8e6_m

冬の低山の楽しみ ~ 楽しみは備えから(47)~


冬の低山は、それぞれの地域にもよるが、それなりの準備があれば、ゆとりを持ち行動できる。

特に12月から1月の太平洋側の低山は、冬型の気圧配置の下では、晴天になる確率が高く、寒さは厳しくとも、風の通らない日だまりは、ほのぼのと暖かい。

枯れ葉を踏み、透き通った空気の中を歩くことは、他のシーズンにはない雰囲気を楽しむことができる。

花々こそないが、青空に映える霧氷、多くの渡り鳥たち、枯れた木立のフォルム、澄んだ山々の展望、正月からの山里の風情などがそれだ。

夕方に近くなり、深々と寒さを感じるとき、ようやくたどり着いた山麓で、温かい名物料理に舌鼓を打つのも、冬の低山歩きの冥利(みょうり)に尽きるといえる。

積極的に冬の低山に行ってみよう。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP