IMG_5618-2

ガイドという仕事の喜び~ガイドは感動が生まれるための助産師だ~


山のガイドを始めて30余年。

「ガイドをやっていて、どんなことがいちばん嬉しいですか?」と尋ねられることがよくある。

私は即座にこう答える。

「人の幸せに役立っていると、実感できるとき」と。

 

自然は人に大きな力を与える。息をのむほど雄大な風景は、悩みなんかちっぽけなものだと思わせてくれるし、我を忘れるほど美しい情景は、生きていて本当によかったと実感させてくれる。その感動を分かち合える仲間のありがたさも、自然の中だからこそ際立つ。

ガイドしている皆様に、そんなとびきりの笑顔が現れたとき、私はこの仕事に最大の喜びを感じる。そして何回か参加されて、「山を始めて、人生がこんなに楽しくなるなんて、思ってもみなかった!」と言われるとき、この仕事でよかったと、しみじみと思う。

もちろん、感動を与えてくれるのは、私ではなく自然の力。参加される1人1人の方が主人公で、力を与えてくれるのは自然だ。

私はただ、そのお手伝いをさせていただくだけ。ガイドとは、感動が生まれるのを助ける、助産師のような役目だと思っている。

素晴らしい感動が生まれるように、最良の場所を選び、季節を選び、ペースを選ぶ。

そして歩きながら感動の糸口を見逃さないように、感性のアンテナを張り、自然から受け止めたメッセージを、人間の言葉に訳して発信する。感動が無事に安全に産まれるように、細心の注意を払いながら。

自分の仕事の成果を眼の前で実感できる職業は、案外少ないのかもしれない。

例えば丹精込めてものつくりに励んだ人が、そのものが使われて人々の生活に役立っている現場を実際に見る機会は、なかなかないものなのだろう。

しかしガイドという職業は、今ここで感動が生まれ、自分の仕事が人々の幸せに役立っていることを実感できる、幸せな職業の一つだと思う。

以前、息子に進路の相談を受けたときに、ひとつだけアドバイスしたことがある。

「人の幸せに役立つ仕事を考えてごらん。そうすれば自分も幸せになれるし、そこには必ず需要があるということだから、仕事としても絶対に成り立つよ」

この言葉を、私自身もいつも自分に言い聞かせながら、今日も仕事に励んでいる。

 

著者:橋谷 晃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP