_shared_img_thumb_AME_4533J0A2619_TP_V

ゆとり時間加えて計画を~楽しみは備えから(8)~


計画を立てるときに大事なことは、ガイドブックなどの情報は、条件の良い時のことを書いていると割り引いて考えること。

コースタイムは休憩時間が含まれない。

3時間行程なら、1時間ごとに10分休めば最低3時間20分である。
お弁当を食べる時間、途中で名所旧跡を訪ねる時間。写真撮影、スケッチ、自然観察のための時間。

どれもゆとりとして加える必要がある。これらを想像しながら計画しよう。
計画を立てたら、準備が始まる。

最初に健康維持と体力づくりが肝心だ。

次に持って行く物の準備。

行く先で想定される気温、風、雨の可能性等、体温を奪うことに対応する衣服、靴、リュックサック。

あらゆるものを考え、リストをつくることが大事で、これが忘れ物を防ぐことにもなる。
著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP