10

子どもと一緒に行こう ~楽しみは備えから(10)~


ふるさとの山々へ、できれば子どもと一緒に行こう。

山や自然を体験し、その生きた記憶が留められるのは小学生から中学生の世代だ。

山を歩き、自然の摂理を知り、100年以上前は、誰でも歩くことが日常であったこと、人間が二本足で歩ける唯一の動物であることも体感させよう。

自然の美しさ、天候変化の厳しさ、一日の行程を終える達成感。どれもが人として生きていくための糧になるはず。

子どもたちを連れて行く親にとっても子育ての真剣勝負になる。親の優しさ強さを発揮できるまたとない機会である。

計画し、準備をし、子どもの体力、気力、性格をよく把握し、無理のない範囲を定めることが肝心。

山や自然を好きになるには、他の趣味や勉強と一緒で、強要をしないこと、無理をさせないこと。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP