Fotolia_94119196_Subscription_Monthly_M

身を守る理解を進めよう~楽しみは備えから(12)~


子どもが興味を持ち、行く気を起こせばしめたもの。

今度は準備段階での手伝いをさせよう。

興味津々、何か自分でやってみようと思わせるのがコツ。

お弁当の中身の案を立てるだけでも大成功だ。

レインギア(雨具)や防寒具、ハイキングシューズや運動靴などの購入時にも連れて行こう。

自然の中で自分を守るものを自分で用意することが理解できるようになる。

子どもは、成長とともに衣服や靴のサイズが変わるので工夫も必要。

衣類は先を見越して大きめにし、裾上げ等で対応。

専門の靴があればいいが、高価なので運動靴で代用してもいい。

ただ、バスケットボール用など編み上げで、くるぶしを保護できるものにしよう。

厚手の靴下に合うサイズが良い。どんな場合でも必ず子ども自身で試着、試し履きさせること。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP