C

重要なのは靴 ~楽しみは備えから(19)~


低山といえども季節や地域により、高山同様の装備と服装が必要だ。

しっかりと持ち物の準備をすることは、大自然の中での行動にゆとりを与え、いざという時の判断を間違えない効果がある。

子どもでも、山や自然が好きになり、低山から高山まで行くようになると、それなりに専門的な用具を用意する必要がある。

一番は山を歩く靴だ。

軽登山靴、トレッキングシューズなどと呼ばれ、初心者は主に登山の専門店、百貨店やスポーツ店の専門のコーナーで購入するのがよい。

歩き、登り、下りるという普通の山歩きで足を痛めないために大事なのは、地面との接点となる靴であり、合わない靴を履いた場合の悲劇は、痛い目に遭わないと容易には理解できない。

著者:日本山岳ガイド協会理事長 磯野剛太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Fotolia_98747583_Subscription_Monthly_M
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を群馬で開催致します。…
  2. 0612gazou
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を福岡で開催致します!映像や資料をまじえて…
  3. 06安全のための知識と技術
    百万人の山と自然 「安全のための知識と技術 公開講座」を名古屋で開催致します!映像や資料をまじえ…
PAGE TOP